About SIB
ソーシャル・インパクト・ボンドについて

ソーシャル・インパクト・ボンド(SIB)とは

2010年から英国で開発され、米国、オーストラリア等24か国(2018年1月時点)で実施される新しい官民連携の社会的投資モデルのこと。予防的な施策で、中長期的な社会的コストを削減する優れた社会的事業に対して、その成果に連動する形で、民間投資での事業実施を行います。
投資家、篤志家、助成財団が資金を拠出し、事業の成果が確認された時点で、一定の財務的リターンを付与し、行政から投資の償還を受けます。

ソーシャル・インパクト・ボンド(SIB)のスキーム

従来の行政事業の実施スキーム

従来の行政事業は、
①行政が直接的に受益者に対して事業を行う
②特定の社会課題に特化したNPO・社会的企業に業務を委託して事業を行うもの
の2つのスキームが主でした。
従来の行政事業のスキーム

Pattern 1通常の行政による事業実施

通常の行政の事業実施では、行政が自ら受益者に対して事業を行う

Pattern 2事業効率の高いNPOや企業への委託による事業実施

特に英国では、2000年代後半以降、特定の社会課題に特化したNPO等に業務を委託し、政府は資金提供と管理を行う形へと進化

SIBを用いたスキーム

SIBを用いたスキームでは、まず社会課題解決のための事業に対して、関心のある投資家が資金提供を行い、その資金を元に事業を実施します。
事業を実施する事業者は、「革新的で実験的な新しいアイディアのある企業や非営利組織」を行政・中間支援組織が選定します。
SIB事業の各ステークホルダーのメリット
各ステークホルダーがSIBに参画するメリットは以下のようなものがあります。

  • 行政
    • 成果連動型支払契約のため、事業目標の達成・未達成が適正に評価される。これにより成果の高い事業を継続し、成果があがらない事業を改善するなど、質の高い行政サービスを実施できる
    • 行政予算の投資対効果を改善できる可能性がある
    • 高い成果を掲げる可能性がある革新的な事業を、事業実施のリスクを資金提供者が追うことで、行政のリスクを軽減しながら実証実験を実施できる。

  • 市民
    • 質の高い行政サービスを受けることが出来る
    • 事業が成功し、政府から投資家にリターンの償還が行われるまで、事業実施資金は民間(資金提供者)が負担するため、革新的な事業の実証を行える

  • 資金提供者
    • 事業が目標を達成した場合、投資リターンを受けることが出来る
    • 「社会的インパクト」を重要視した投資(社会的インパクト投資)に参加できる

  • 事業者
    (企業や非営利団体)
    • 社会的インパクトが高い革新的な事業を実施することが出来る