News
お知らせ

2019.1.18
お知らせ
【TR開催報告】1月15・16日:社会的インパクト・マネジメント・トレーニング「Maximizing Social Value」
2019年1月15日(火)ー16日(水)の2日間にわたり、加盟組織である英国Social Value Internationalによって作成されたトレーニング教材を日本語化し、社会的インパクト・マネジメントについてのトレーニングを開催いたしました。 ご参加くださった皆様、ありがとうございました。

トレーニング報告

◇◆社会的インパクト・マネジメント・トレーニング◆◇

今回のトレーニングでは、これから社会的価値の評価やマネジメントに取り組もうとする非営利組織・企業CSR・助成財団・中間支援組織等の方々を対象に、これまで実施してきたSROIトレーニングを発展させた、より広範な社会的価値の最大化のためのマネジメント・フレームワークについて研修を行いました。

 

 

 

【日 時】
2019年1月15日(火)9:30~17:00、16日(水)9:30~17:00(全2日間)

 

【内 容】

  • ・社会的価値の7原則
  • ・社会的価値マネジメントの5つのステージ
  • ・アウトカムの定義
  • ・データ収集の対象と方法
  • ・質的リサーチ
  • ・データからの学び
  • ・財務係数の活用

 

【講師】

伊藤 健
(特定非営利活動法人ソーシャルバリュージャパン 代表理事)

 

□講師略歴
国内の大学在学中にNPO活動にスタッフとして関わり、台湾への留学を経験。卒業後、日系メーカー勤務を経て、米国Thunderbird Global School of Management にて経営学修士課程を修了後、GE Internationalに入社。シックス・シグマ手法を使った業務改善や、コーポレート・ファイナンス部門で企業買収後の事業統合等を行う。2008年にはGE社を退職、NPO法人ISL 社会イノベーションセンターを経て、2010年より 慶應義塾大学大学院政策・メディア研究科 特任助教。2016年より現職。主に社会的インパクト評価を中心に研究している。

 

【主催】

特定非営利活動法人ソーシャルバリュージャパン
(旧称:SROIネットワークジャパン)

Social Value Internationalの日本支部として活動している。
SROIに代表される社会的インパクトの定量評価手法の研究、教育、実践を推進することを通じて日本、ひいては世界の社会的生産性の向上をもたらし、社会課題の解決を促進することを目的に、2012年12月設立。社会的インパクトの評価手法についての研究開発、トレーニング・セミナー等の教育プログラムの提供、コンサルティング業務等を実施。